【こむら返り・足がつるの症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

こむら返り(足がつる)でよくある悩み

  • 足がつると長時間治まらない
  • 運動中に足がつってしまうことがよくある
  • 夜間や朝方足がつって激痛で目が覚めることがある
  • 動くとこむら返りが起きそうで心配
  • ふくらはぎに違和感が残って歩きにくい

スポンサードサーチ

こむら返り(足がつる)とは?

こむら返り(足がつる)と聞くと『効果的な治療法がない』とか『一生付き合っていくしかない』など、長期化や慢性化のイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもネットや書籍などをご覧になり、自分が重度のこむら返り(足がつる)ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずはこむら返り(足がつる)がどんな病気かという事を簡単に説明します。

こむら返り(腓返り、こむらがえり)とは、「腓(こむら)=ふくらはぎ」に起こる筋痙攣の総称で、こぶら返りという人もいます。一般的には足がつると表現する方が多いかもしれません。

ふくらはぎの筋肉(特に腓腹筋)が何らかの異常で自分の意思とは関係なく急激に収縮する事によって痛みを伴う状態で、数秒から数分で治ります。

こむら返りを起こしている筋肉は硬く収縮して膨隆しているのがわかります。激しい運動後や睡眠中に起こりやすく、特に睡眠中のこむら返りは激痛で目が覚めるほどですが、寝起きのため対処ができず起床後にふくらはぎの筋肉痛や違和感が残ることがあります。

こむら返り(足がつる)について、ご不安や不明点などがありましたら、どんな小さなことでもかまいません。

これまでに数多くこむら返り(足がつる)の患者さんを対応してきた、当院にお気軽にご相談下さい。

施術のご予約はこちらから

三軒茶屋あおば整体院