関節痛(手首・足首・指)の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

関節痛(手首・足首・指)でよくあある悩み

  • 股関節・ひざ・足首が痛む、動きが少ない
  • 立ち上がりや着替えの時がつらい
  • 病院では異常なしと診断された
  • どのような治療を受けたら良いかわからない
  • 日常生活・趣味・運動を楽しみたい

スポンサードサーチ

関節痛(手首・足首・指)とは?

関節痛(手首・足首・指)と聞くと『薬くらいしか治療法がない』とか『一生付き合っていくしかない』などと、長期化や慢性化のイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもインターネットで調べて、自分の関節痛(手首・足首・指)が重症ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは関節痛(手首・足首・指)がどんな病気かという事を簡単に説明します。

原因が分からず長期間にわたりお悩みの方は多いです。痛みを薬で一時的に止めることによって無理をして、余計に症状が悪化する事さえありえますので、いち早く根本解決が望まれます。

関節痛は、主に起床時や長時間同じ体勢でいた時、動作時、運動後、気温が寒い時期などに起る場合が代表的です。

過去の怪我、日常の動作、姿勢、ホルモンバランスの乱れ、腰や首といった脊柱の問題、自律神経の乱れ、精神的ストレス、リウマチ、骨粗鬆症等多岐にわたります。

膝を例にすると、スポーツな長年にわたる反復運動により使いすぎることで、膝の筋肉の緊張、膝への衝撃を吸収する軟骨や半月板への負担が増大します。少しずつの負荷でも炎症が起こると、熱を持ったり、水がたまることも多いです。

慢性的な炎が続くとと関節にある包が硬くなり可動域の制限がかかります。、膝の曲げ伸ばし、立ち上がり、階段の昇り降りや正座が出来なくなることもあります。

肥満によって膝に負荷をかけている人や、激しいスポーツで膝を酷使している人などは、分かりやすい例ですが自律神経の乱れやホルモンバランスの異常も可能性のひとつであります。

関節痛(手首・足首・指)について、ご不安や不明点などがありましたら、どんな小さなことでもかまいません。

これまでに数多く関節痛(手首・足首・指)の患者さんを対応してきた、当院にお気軽にご相談下さい。

施術のご予約はこちらから

三軒茶屋あおば整体院