【間欠性跛行の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

間欠性跛行でよくある悩み

  • 脊柱管狭窄症・すべり症・ヘルニアと診断された
  • 歩きだすと座りたくなる
  • しゃがみこむと楽になる
  • 坐骨神経痛を伴うことがある
  • 普通に日常生活を送りたい

スポンサードサーチ

間欠性跛行とは?

間欠性跛行と聞くと『一旦治ってもまたすぐに痛くなる』とか『一生付き合っていくしかない』などと、怖いイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもインターネットで調べて、自分の間欠性跛行が重症ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは間欠性跛行がどんな病気かという事を簡単に説明します。

間欠跛行は腰、お尻、太ももや下半身の痛みにより通常の歩行が出来なくなることです。休憩をとる、その場でしゃがみこむことで症状の緩和がみられることが多く再び歩くことができます。しかしながら一定の距離や時間を歩くことで症状は再び現れることが多いことも特徴的です。

間欠跛行が症状としてある場合は幾つかの可能性が考えられます。一部には尿失禁や尿が出なくなる際は神経性間欠跛行を疑い早期の処置が必要です。100メートルを休むことなく連続で歩けない際は早い段階での画像検査が必要です。

間欠性跛行は安静にしていると症状はほとんどありませんが、立ち上がる際や歩いたりすると太もも裏や横側から膝下にかけて痛みやしびれが発症します。しゃがむ、前かがみになる、腰をかけて休むと症状は軽減されます。

間欠跛行がみられる際は以下である可能性が高いです。間欠跛行は血管性と神経性の2種類があります。 間欠性跛行の代表的な病気は、?血管性の閉塞性動脈硬化と?神経性の腰部脊柱管狭窄症です。血管性間欠跛行は安静にしていれば痛みはほとんどなく安定します。

神経性間欠跛行は歩くことをやめて立ち止まっても痛みしびれが継続することが特徴的です。症状を軽減させるためにしゃがみ込む、ベンチに座る、和式トイレ様に腰を前かがみの状態することです。自転車に乗ることができることも神経性跛行の特徴です。現在では診断と治療がすすみ、間欠性跛行もよくなる症状の一つとなりました。

腰部脊柱管狭窄症にはMRI画像検査が必須です。レントゲン画像は施術の方針を建てるうえでも重要な検査になります。治療法には鎮痛剤や神経ブロック注射等の対処療法、血流を良くする薬、整体やカイロプラクティック、運動療法等のの保存治療があります。

数年前から神経障害性疼痛に対する認知行動療法もとても大切です。画像分析を行った上での判断になりますが、ゆっくりでも良いので安静にせずに動くこともとても重要です。

間欠性跛行について、ご不安や不明点などがありましたら、どんな小さなことでもかまいません。

これまでに数多く間欠性跛行の患者さんを対応してきた、当院にお気軽にご相談下さい。

施術のご予約はこちらから

三軒茶屋あおば整体院