花粉症を食事で緩和する、その方法とは?

健康 食事

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

前回に引き続き『花粉症』について話をしたいと思います。

花粉症を食事で緩和する、その方法とは?

残念ながら花粉症を完璧に治すことは難しいケースが多いです。

ただ症状は確実に和らげることができます。

そこで今回は『花粉症を食事で緩和する、その方法とは?』というテーマで『花粉症を何とかしたい』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話でお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • そもそも花粉症の原因とは?
  • 花粉症の症状改善のポイントは『腸内環境』

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

そもそも花粉症の原因とは?

花粉症を改善させるときに、まず考えなくてはならないのが『人はなぜ花粉症になるのか?』

その答えは『抗原抗体反応』です。

と、これだけでは分かりづらいと思うので、分かりやすく表現すると。

身体の中に花粉(アレルゲン)が入ってきた時に、それを排除しようとする反応のこと

 
そして、その反応が『鼻水』や『鼻づまり』そして『くしゃみ』など色々な症状となって表れるのです。

そして、このような反応(免疫機能)は、『細菌』や『ウィルス』が身体の中に入ってきた時に、自分の身体をまもる正常な反応。

この免疫機能は、あなたの身体を正常に守るという働きの反面、食べ物などの無害なものなどにも反応してしまうことも。

そう、これがアレルギーと呼ばれ花粉症の原因ともなっているのです。

そして、アレルギー反応のなかでも『花粉アレルギー』が起こった時の体内では。

  • ヒスタミンなどの化学物質が分泌
  • これが鼻水やくしゃみそして目のかむみなどの症状に

すなわち、症状をやわらげるためには、ヒスタミンなどのアレルギー物質の分泌を抑えることがポイント。

では、花粉のアレルギーを和らげるためにはどうすればいいのか?

花粉症の症状改善のポイントは『腸内環境』

免疫機能がアレルギー症状と深く関わっていることは、先ほどお話した通りです。

その免疫機能のコントロールのうち約60%は腸内環境と大きな関係が。

すなわち、腸内環境をよくすることが、花粉症の症状緩和に繋がります。

ただ食事での花粉症治療については、残念なこと『食べればすぐに治る』ものではありません。

しかしながら、毎日続けることで体質改善が行い、症状を和らげる可能性は大きいのです。

そこで、花粉症の症状緩和が期待できる食べものを(腸内環境改善の者以外も含め)紹介したいと思います。

  • ヨーグルト
  • れんこん
  • 青魚
  • チョコレート
  • 梅干し

それぞれ詳しくみていきましょう。

ヨーグルト

  • 腸内環境を整える効果
  • 乳酸菌のエサになる『きな粉』や『プルーン』などと食べると効果大
  • 花粉症が始める3ヶ月前くらいから毎日食べるのがおすすめ

れんこん

  • 食物繊維の他にポリフェノールやタンニンなどが豊富
  • ポリフェノールの抗酸化作用はアレルギー症状を緩和
  • タンニンにはには、のどの痛みや鼻水を抑える効果

青魚

  • 青魚に多く含まれるEPAとDHA
  • ➡アレルギーを引き起こすの成分の放出を抑えるはたらき

チョコレート

  • チョコレートに多く含まれるカカオポリフェノールが花粉症の症状を緩和する
  • 最近の研究では、ヒスタミンの放出を抑えるはたらきも

梅干し

  • 梅干しを毎日食べている人は、アレルギーを起こしにくいとのエビデンス
  • ➡梅干しにふくまれる、におい成分のバニリンが関係していると言われている

ということで、今回は『花粉症』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、食事で体質改善することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿の時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、食べものを意識し花粉症の症状を緩和し、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。