生涯健康Blog 人生100年時代・生涯健康

【慢性疲労症候群の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

慢性疲労症候群でよくある悩み

  • いつも体が疲れている
  • なかなか周りに理解してもらえない
  • 気を抜くとドッと疲れが出る
  • 休みの日はほとんど寝て過ごす
  • 以前のようにバリバリ仕事を頑張りたい

スポンサードサーチ

慢性疲労症候群とは?

慢性疲労症候群と聞くと『画期的な治療法がない』とか『一生付き合っていくしかない』などと、長期化や慢性化のイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもインターネットで調べて、自分の慢性疲労症候群が重症ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは慢性疲労症候群がどんな病気かという事を簡単に説明します。

慢性疲労症候群とは、「慢性疲労」とは異なり、原因不明の強い疲労感が半年以上続く、または繰り返し、通常の生活を送ることが困難になる疾患です。

微熱が続いたり、関節や筋肉が痛む、喉の炎症や頭痛、不眠や過眠、やる気が起きない、不安などの症状があり、休んでも休んでも疲労感が取れないというのが特徴です。

患者数は国内に36万人とも言われ、ストレスや遺伝的要因による神経系、内分泌系、免疫系の異常と言われています。

慢性疲労症候群は完治が難しいとされていて、精神的な症状がある人には精神安定剤、微熱や痛みがある人にはステロイド剤などが処方されますが、どれも対処療法が中心です。

一方、肉体的・精神的なストレスから解放されることが一番の治療とも言われ、免疫力を高めたり、生活習慣を見直すことで緩和や改善が見込めることもあります。

慢性疲労症候群について、ご不安や不明点などがありましたら、どんな小さなことでもかまいません。

これまでに数多く慢性疲労症候群の患者さんを対応してきた、当院にお気軽にご相談下さい。