【眼精疲労・目の疲れの症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

眼精疲労(目の疲れ)でよくある悩み

  • 以前に比べて明らかに目が疲れやすい
  • すぐに目の焦点が合わないことがある
  • 目の奥が痛くなり頭痛が出ることがある
  • 気がつくと目頭を押さえたり目の周りを揉んだりしている
  • 目が疲れてデスクワークに集中できない

スポンサードサーチ

眼精疲労(目の疲れ)とは?

眼精疲労(目の疲れ)と聞くと『画期的な治療法がない』とか『一生付き合っていくしかない』など、長期化や慢性化のイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもネットや書籍などをご覧になり、自分が眼精疲労(目の疲れ)が重度ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは眼精疲労(目の疲れ)がどんな病気かという事を簡単に説明します。

眼精疲労とはその名の通り、目を使い過ぎることによって起きます。

目を使う作業を続けることを原因として、目の疲れや痛みなどの症状に加えて、頭痛や肩こりなどの全身症状も呈するようになる状態を指します。眼精疲労では、目や全身の症状は休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態になっています。

その症状は様々で、眼の痛み・眼のかすみ・充血・眩しさ・涙が出るといった眼の症状から、肩こり・頭痛・めまい・吐き気など眼の問題に留まりません。

パソコン作業が主になっているデスクワークや、スマホ画面を見続けていること、小さな画面でゲームをするなど、眼を酷使することで成人だけでなく若い世代にも眼精疲労を訴える方が増えています。

度の合わない眼鏡を使用していることや、老眼が進んでいることに気づかず過ごすことでも眼精疲労は起きます。

眼精疲労の原因は多岐に渡るため、正確に原因を同定した上での治療介入が必要になります。日常生活における目の酷使も眼精疲労につながるリスクを伴うため、眼精疲労を予防するためにも、日常生活スタイルに注意を払い眼の酷使を避けるようにすることも大切です。

眼精疲労(目の疲れ)について、ご不安や不明点などがありましたら、どんな小さなことでもかまいません。

これまでに数多く眼精疲労(目の疲れ)の患者さんを対応してきた、当院にお気軽にご相談下さい。

施術のご予約はこちらから

三軒茶屋あおば整体院