生涯健康Blog 人生100年時代・生涯健康

【群発頭痛の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

群発頭痛でよくある悩み

  • 目の奥に強烈な痛みが続く
  • 痛む側の目の充血や鼻水なども出る
  • 強烈な頭痛時期が来るのが怖い
  • 痛みを軽減し仕事に集中したい
  • 群発頭痛と言われたが改善しない

スポンサードサーチ

群発頭痛とは?

群発頭痛と聞くと『薬くらいしか治療法がない』とか『一生付き合っていくしかない』などと、長期化や慢性化のイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもインターネットで調べて、自分の群発頭痛が重症ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは群発頭痛がどんな病気かという事を簡単に説明します。

群発頭痛とは、目の奥がえぐられるような痛みが特徴の頭痛である時期に集中して起こり、群発地震のようにある期間に集中して頭痛が起こるのでこのような病名がつけられました。

数か月から数年に一度、数週間から数か月の間ほぼ毎日、1日の中でも決まった時間に激しい頭痛発作が起こります。特に夜に多く発作が出ます。この期間のことを群発期と呼び、群発期以外は頭痛は治まっています。

頭痛には、例えば脳梗塞など病気が原因でなる「二次性頭痛」と原因が分からない「一次性頭痛」に分けられますが、群発頭痛は片頭痛や緊張性頭痛と同じ一次性頭痛です。

群発頭痛は、片頭痛に較べてかなり珍しく発症率も低いです。片頭痛は女性に多いのですが、群発頭痛は男性に多く発症しアルコールにより誘発されることもあります。

群発頭痛は「目がえぐられる」「きりで刺される」と感じるようなのとても強い痛みで、日常生活に大きな支障が出てしまう事が多いです。

群発頭痛の原因は視床下部から起こり、脳神経の三叉神経の過活動により涙や鼻水、充血などの症状が現れると考えられています。自律神経系の調整障害で眼の後ろを通っている内頚動脈が拡張することも原因の一つと考えられています。

群発頭痛のような症状が続いた場合、まず病院で検査を受ける事が大切です。病院では主に一般的に薬や酸素吸入、神経ブロックなどで治療を行います。

群発頭痛について、ご不安や不明点などがありましたら、どんな小さなことでもかまいません。

これまでに数多く群発頭痛の患者さんを対応してきた、当院にお気軽にご相談下さい。