卵でコレステロールが上がるはウソ!?

健康 食事

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事は『卵でコレステロールが上がるはウソ』という生涯健康についてのお話しです。

卵でコレステロールが上がるはウソ

コレステロールが気になるので『卵を食べない』は大きな間違いです。

なぜなら、これはウナギの実験だったから。

コレステロールの仕組みや働きについて、次の2つのポイントに分けて解説していきます。

本記事の内容

  • 卵のコレステロールに関する研究結果
  • コレステロール摂取で寿命アップ

この記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

スポンサードサーチ

卵のコレステロールに関する研究結果

卵を食べても血中のコレステロール値はかわりません。

これが、最新の医療エビデンスです。

以前はこんな常識を持っている方が多かったです。

コレステロールの常識

  • 卵にはコレステロールがあるから食べない
  • コレステロールを多く含む卵を食べると、動脈硬化や心筋梗塞になりやすい

実は、卵を多く食べてはいけないと考えられるようになったのは、こんな実験が原因だったのです。

1913年ロシアでの実験

ウナギに大量のコレステロールを摂取させたところ、コレステロール値が上がった

しかし、ウナギは本来草食の生き物。
これとくらべ、人間は色々な食品を食べます。

しかも人間の体内にあるコレステロールの約80%は肝臓で作られます。

すなわち食品からのコレステロールは最大でも20%(ここが大きなポイント)にすぎません。

そして日本ではこんな実験も

1981年の実験

1日5~10個の卵を5日間食べても、コレステロール値は変化なし

さらに、2015年に厚生労働省ではこんな動きが。

『コレストロールが多い食品を食べても、血中のコレステロール値に変化なし』として、食品摂取基準からコレステロールの上限値は外す。

卵の食べ過ぎはあまり気にしなくていいと思えてきましたか?

コレステロールの取りすぎには注意が必要ですが、上手に摂取することで、こんな嬉しいことが。

コレステロール摂取で寿命アップ

適度なコレステロールでガンのリスクが低減できます。

なぜなら、身体の中でコレステロールが作られるのは、それが必要だから。

そして、コレステロールが極端に少ないとこんな影響が。

コレステロール低下の場合

  • 細胞が壊れやすくなる ➡
  • 免疫力が低下し病気になりやすく ➡
  • 神経伝達がうまくいかなくなる

これらにより、コレステロール値が低くなるほど、死亡率やガン発生率が高くなるという研究結果も。

では、いったいコレステロールは私たちの身体でどのような働きをしているのでしょうか?

これまでの常識

悪玉(LDL)と善玉(HDL)があり、悪玉=悪いもの

しかし、悪玉(LDL)は全身にコレステロールを運ぶ役割
善玉(HDL)不要なコレステロールを回収し肝臓に戻す役割
この2つがバランスよく働くことが健康という考えになり

新しい常識

悪玉はけっして悪いものではない

こんな考えが一般的となりました

そして、身体の中でコレステロールを一番必要とするのが脳なのです。

すなわち、コレステロール値が極端に低くなると、脳の働きが低下し、いわゆる『うつ』の状態になりやすくなります。

あなたの体内で作ることが出来ない(不足している)コレステロールは、食品から取らざる得ません。

そして卵はコレステロール以外にも、タンパク質・ビタミン・ミネラルなど栄養価が高い食品です。

上手に食べる事で生涯健康を目指してはいかがでしょうか。

今日は『卵でコレステロールが上がるはウソ』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。