焦げが『ガン』の元はウソ?

健康 食事

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事は『焦げがガンの元はウソ?』という生涯健康についてのお話しです。

焦げが『ガン』の元はウソ?

焦げた部分を食べると『ガン』になる、これはウソです。

なぜなら、実際の研究で結果が証明されているから。

私も小さい頃、焦げた部分は食べちゃダメ!とよく言われたものです。

栄養の勉強をする前までは、その通りだと信じ込んでいて、そんな過去の自分に向けて書いています。

今回は『焦げとガン』についてのお話しを次の2つのポイントに分けて解説していきます。

本記事の内容

  • 魚のおこげに、発ガン性はあるのか?
  • 食べ物に含まれる毒素とは?

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

魚のおこげに、発ガン性はあるのか?

あなたは、こんなことを言われたコトがありませんか?

『焦げたものを食べるとガンになる』
『焼き魚のおこげは取り除いて食べる』

残念ながら、この話は真実ではありません。

その理由についてお話します。

この話(説)のきっかけとなったのは、1976年の新聞にこんな記事が掲載のことだとされています。

焼き魚の焦げに発ガン性の疑いがある

確かに、肉や魚などの動物性たんぱく質を焼いて出来たおこげには、発ガン性の物質があると言うのは事実です。

その後、多くの研究者さんにより、この発ガン性物質が動物の身体に与える影響を研究しましたが、実際にガンが発生するという結果にはなりませんでした。

というのも、ガンを発生させるほどに魚を食べるには、体重60㎏の人が毎日1トンの焼き魚を食べる必要があったからなのです。

これで安心して、お焦げが食べられますね(笑)

しかし、私たちが口にする食品には、毒素が含まれるものも存在します。

食べ物に含まれる毒素とは?

あなたがいつも口にしている食品、なかでも野菜には多少の毒素を含んだものがあります。

山菜のワラビ

山菜のワラビには、青酸が含まれる
カルシウムと結びつくことで、結石の原因となる
造血機能の低下を引き起こす

じゃがいもの芽や皮

緑色になった部分に含まれるソラニン
下痢や腹痛を引き起こす

食べ物に関する正しい知識を手に入れ、生涯健康を目指してはいかがでしょうか。

今日は『焦げがガンの元はウソ?』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。