生涯健康Blog 人生100年時代・生涯健康

【腰痛の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状 腰痛

腰痛でよくある悩み

  • 色々な整体やマッサージで改善されない
  • 何度もギックリ腰を繰り返している
  • 姿勢を気にしているが変化なし
  • 腰痛の本当の原因を知りたい
  • 1日でも早く体調を改善し、不安なく毎日を過ごしたい

スポンサードサーチ

腰痛とは?

腰痛と聞くと『慢性的なもので仕方ない』とか『一生付き合っていくしかない』など、長期化するイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもネットや書籍などをご覧になり、自分が重度な腰痛がではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは腰痛がどんな病気かという事を簡単に説明します。

腰痛でお悩みの方は非常に多く、医療の分野でも原因や治療方法の研究が進んでいるはずなのに、なぜか腰痛患者さんは増え続けています。

姿勢改善や腰痛ベルト、腰痛体操にストレッチ、病院では痛み止めや牽引、コルセット、さらには手術など、様々な改善方法とされるものはありますが、どれも人によって効いたり効かなかったりと、決め手に欠けるのが現状です。

世界各国でも腰痛で仕事を休む人が多かったり、医療費が高騰したりという問題があって、本腰を入れて原因究明を進めてきたところ、腰痛は腰だけに問題があるのではなく、さらに体だけの問題でもないということがわかってきました。

筋肉、関節、神経などの生物的な要因に加えて、精神的ストレスなどの心理的な要因、職場や学校の環境、人間関係など社会的な要因も密接に絡み合って出てくるのが腰痛だというのが最新の医療の見解です。

生物、心理、社会的要因のうち、どれがどれくらい関与しているかは人それぞれ違います。

なので、同じような症状の腰痛でも、ある人には筋肉や関節へのアプローチでよくなり、ある人には職場環境を変えることで劇的によくなるというように、有効な対処法も様々だということになります。

どこへ行っても治らない、という場合に多くみられるのが、痛みを適切に抑えるための脳機能が低下していることです。

痛みというのは身体に起こっている異常を知らせて対処してもらうために必要な機能で、痛みを脳に知らせると同時に、過剰に知らせ過ぎないように抑える機能も働いています。

この抑える機能の方だけが働かなくなることがある、ということが、医学的に確かめられています。

その場合、腰や身体のパーツだけを治そうとしても、脳の異常を戻さなければ、痛みは一向に変わりません。

腰痛を治してくれる名医、ゴッドハンドを探すのは終わりにして、腰痛についてわかっている事実と冷静に向き合って対応することが大切です。

どこへ行ってもよくならなかった腰痛を克服するには、身体と心、社会的な要因まで含めて考えられて、あなた自身が治していくプロセスをしっかりサポートできる治療家をパートナーにすることをお勧めします。

腰痛は決して不治の病でも難病でもありません。あきらめず、地に足をつけて着実に克服していきましょう。

腰痛の原因は腰にはない?

腰が痛くなると多くの方は病院に行かれると思います。受診した結果手術の必要がないと多くの場合は飲み薬やシップ薬、リハビリで牽引や電気治療などを行うことが多いのではないでしょうか?

よく患者さんのお話を聞いているともう何年もリハビリに通っていると耳にしますが、何年も牽引や電気をかけても変化がないのであれば病院に通うのはやめたほうがよいでしょう。

きっと原因は他にあります。これまで多くの腰痛患者さんの治療をしてきましたが腰をもんだり、腰に針を刺したりしてよくなっていった患者さんはいません。腰は体の要と呼ばれる部位なだけあって腰痛を引き起こす原因も多くあります。

腰痛を改善するために大切なことは、腰を一生懸命もんだり押したり電気をかけたりすることではなく、腰痛を引き起こしている原因にたいしてしっかりとアプローチすることです。

腰痛の原因はヘルニア?狭窄症?

これもよくある話ですが、腰が痛くなり病院に行くとまずレントゲンやMRIで検査をすることが多くあります。

診断の結果、「狭窄症」「ヘルニア」などと告げられる患者さんが多いようです。あなたの腰痛の原因は本当に「狭窄症」や「ヘルニア」でしょうか?

本当に「狭窄症」や「ヘルニア」であれば四六時中、腰が痛くて足に強いしびれや力が入らないといった症状が強く表れることが多くあります。

「狭窄症」や「ヘルニア」は体の構造に異常が生じています、体の構造の異常は日替わりで変化したり動作によって大きな変化をすることはありません。

あなたの腰痛が日によって症状の強さが変わったり、姿勢や動作によって症状が変わるようであれば「狭窄症」や「ヘルニア」が原因である可能性は低いでしょう。

そのような場合、本当の原因は他にあることが考えられます。これまでゆがみやコリの治療をして、あまり改善が出来なかったあなたは身体の内側に目を向けることをおすすめします。

スポンサードサーチ

腰痛に効く栄養素とは?

これまでゆがみやコリを治療してもあまり良くならなかった方は、身体の内側に問題があるかもしれません。その際重要となってくるのが栄養であり食生活です。

食生活の改善により血行不良が解消され、腰痛が軽減する可能性があります。その中でも、血行不良改善に意識して摂りたい4つの栄養素をご紹介します。

ビタミンE

血液の流れをスムーズにし、筋肉の緊張をやわらげます。 (かぼちゃ、アーモンド、うなぎなどに含まれます)

ビタミンC

ストレスによって消費されやすいため、 疲労感のある人は積極的に摂取しましょう。(緑黄色野菜、レモン、果物などに含まれます。

ビタミンB1

糖質をスムーズにエネルギーに変え、疲労回復に役立ちます。(豚肉、大豆、うなぎなどに含まれます)たまねぎやにんにくのにおいの元であるアリシンは、 ビタミンB1の吸収を助けるので一緒に食べるのがおすすめです。

クエン酸

こりやだるさの原因となる疲労物質「乳酸」の分解を促します。梅干、柑橘類などに含まれます)

血液や筋肉など、私たちの体を作っているのは、毎日の食事で体内に取り入れられる栄養素です。腰痛を根本からやわらげるためにも、食生活の見直しは大切なことになります。

あなたの腰痛に栄養整体療法は非常に効果的です

手術が必要な腰痛を除いて、多くの腰痛の改善には整体栄養療法は非常に効果的です。

これまでお話してきたように腰痛治療に大切なのは局所への強い刺激ではなく、原因を探し出し正確にアプローチすることが大切なのです。患者さん一人ひとりが腰痛を生じるようになるまでのプロセスを理解することが腰痛解消のためには欠かせません。

また心と体は密接な関係にあり、切り離して考えることはできません。精神的なストレスを感じると交感新神経が活発に働き全身の筋肉は緊張します。特に腰は体の要といわれる部分の為、ストレスの影響を受けやすい繊細な部分です。

当院では、全身にある腰痛に関連する全身の筋肉を手による手技を使用して緩めます。ただ腰周辺を直接マッサージしたり、押したりもんだりしてもなかなか緩ませることはできません。強い刺激はむしろ逆効果で症状を悪化させることもあります。
原因は痛いところとは離れているのです。

腰だけを見ていたらそこには原因がないので結果的に原因不明になってしまいます。

さらに提携医師による血液データ解析による栄養指導での血流促進も行いくので、これまであなたが体験していた整体やマッサージより高い効果が期待できます。

腰痛の症状に栄養整体療法が有効なことが多いのは、局所のみにとらわれずこうして身体全体に着目しているからです。

当院ではこれまで多くの『腰痛』を訴える患者さんと向き合い症状を改善してきました。栄養整体療法が腰痛治療において有効であることが一般的にもっと認知されれば日々肩こりで悩まされている人も減ることと思います。腰痛の症状で悩んでいる方はお気軽にご相談ください。ご縁のあったあなたの力になれれば幸いです。

喜びの声をいただいています