指や首を鳴らすのは良くないの本当の理由

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

今回は『関節を鳴らす』について話をしたいと思います。

指や首を鳴らすのは良くないの本当の理由

私の治療院で行っている施術のベースとなる考え方が、カイロプラクティックです。

そしてカイロをやっていると、よく聞かれるのがこんな質問。

『先生、骨を鳴らすのって良くないんですよね?』

そこで今回は『指や首を鳴らすのは良くないの本当の理由』というテーマで『よく指や首をポキポキする』というあなたに向けて、お話していきたいと思います。

今回のお話でお伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • ポキポキ鳴らすと1トンもの衝撃が?
  • 骨に悪影響はないのだが。。。

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

ポキポキ鳴らすと1トンもの衝撃が?

首の骨や指を『ポキッ』とが癖になっている方、意外と多いんですよね。

しかし、ネット上には『骨を鳴らすと1トンの衝撃が』とう記事まで。

反対にカイロプラクティックの治療院の中には、身体のゆがみを直すために積極的に『ポキッ』とする院も。

この指や骨を鳴らすと身体に悪いその根拠は。

鳴らすことにより関節の炎症が悪化する

 
ということ。

しかし『気持ち良いからつい指を鳴らしてしまう』という方も多く、どれが本当なのだろう。

骨に悪影響はないのだが。。。

私たちの関節はどうして『ポキッ』となるのか?

この理由がわかると、鳴らすことが良いか悪いかの判断が出来るようになります。

そのメカニズムはこのようなことです。

  • 関節の周囲は関節包というもので取り囲まれている
  • 関節包はカプセル状でその中の液体に溶け込んでいる
  • この液体の中にある期待が、外部からの刺激によって気泡になる
  • いわゆる炭酸の栓を抜いた際に『プシュ』とおなじ

なので、鳴らすことで身体に害を与えるということはありません。

それを証明するかのような研究が。

  • 2011年メリーランド州の大学でおこなわれた実験
  • 200人を対象に指鳴らしの回数と発生率を調査
  • 両者に関係がないという結果

と、ここまで聞いたあなたは、指は鳴らしても大丈夫!!と喜ぶでしょうが、1つだけ注意点が。

指を鳴らすこと(音を出すこと)が目的となり、指や首を激しく曲げてしまうと、靭帯(筋繊維)を痛めてしまう可能性が大きく、注意が必要です。

ということで、今回は『関節を鳴らす』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、身体に負担をかけないように音を鳴らすことで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代、この長寿の時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ、ストレッチの延長線上で自然と音が鳴ってしまうことをイメージして、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。