【仙腸関節炎の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

仙腸関節炎でよくある悩み

  • ぎっくり腰を繰り返してしまう
  • いろいろ治療したが改善されない
  • お尻に近い腰が部分が痛くなる
  • 病院では薬を処方されただけだった
  • 腰痛に悩まされずに仕事に集中したい

スポンサードサーチ

仙腸関節炎とは?

仙腸関節炎と聞くと『一旦楽になっても、またすぐ戻ってしまう』とか『一生付き合っていくしかない』などと、長期化や慢性化のイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもインターネットで調べて、自分の仙腸関節炎が重症ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは仙腸関節炎がどんな病気かということを簡単に説明します。

仙腸関節炎とは一般的にあまり聞き慣れない方も多いと思いますが、腰痛の原因の一種です。

仙腸関節は、仙骨と腸骨をつなぐ関節の事でいわゆる骨盤にあります。骨盤自体は強靭な靭帯で固まっていてほとんど動きません。ですのでこの仙腸関節もほぼ動きません。動いたとしても数ミリ程度です。

人の体において骨盤はとても重要な役割を果たしています。背骨の下にあり上半身を支えていますし骨盤の下には下半身があります。ですから、骨盤の歪みの影響は全身に影響しやすいのです。

骨盤が歪んでしまうと、様々なトラブルが出てくる可能性があります。仙腸関節炎による腰痛もその一つです。また、ギックリ腰を何回も繰り返す方も注意が必要です。これも仙腸関節炎が原因の場合もあります。

また、病院で他の診断、例えば椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などを受けたとしても仙腸関節炎を併発している場合もあります。

仙腸関節炎について、ご不安や不明点などがありましたら、どんな小さなことでもかまいません。

これまでに数多く仙腸関節炎の患者さんを対応してきた、当院にお気軽にご相談下さい。

施術のご予約はこちらから

三軒茶屋あおば整体院