【寝違えの症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

寝違えでよくある悩み

  • 病院に行ったが湿布と薬だけもらったがなかなかよくならない
  • 整骨院やマッサージに行ったけどグリグリ押されて余計に痛くなった
  • 首が回らないので車のバックがつらい
  • 上を向くと激痛のため、歯磨き後のうがいがしんどい
  • 1日も早く首の痛みとさよならして普通に生活をしたい

スポンサードサーチ

寝違えとは?

寝違えと聞くと『安静にするくらいしか治療法がない』とか『何度も繰り返してしまう』など、長期化や慢性化のイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもネットや書籍などをご覧になり、自分が寝違えが重度ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは寝違えがどんな病気かという事を簡単に説明します。

寝違いは、寝ている時に知らぬ間に捻って痛めてしまった状態で朝起きた時に痛みに気付くことが多い捻挫です。寝ている時でなくても急に振り向いたり、上を向いた瞬間に痛めるなどのケースは同じ症状です。

しかしながら単に寝違いと言っても、普段の疲労から背骨の可動性が著しく低下した結果で寝違いを起こしていたり、日々のストレスから自律神経が乱れた結果として首の周りの筋肉の過剰な緊張により起こるケースなど原因は様々です。

いつか良くなると放置したり、なかなか治らない状態でマッサージを続けていると頻発して寝違いを起こしたり、手のしびれや握力の低下など重症化するケースもあり得るのが寝違いですので早めのケアが必要です。

神経伝達が原因で緊張した筋肉は単に揉めば緩むというものではありません。しっかりとした徒手検査をもとに的確な刺激で緊張を取り除くことで痛みから解放されて普通の日常に戻れるきっかけになるでしょう。

寝違えについて、ご不安や不明点などがありましたら、どんな小さなことでもかまいません。

これまでに数多く寝違えの患者さんを対応してきた、当院にお気軽にご相談下さい。

施術のご予約はこちらから

三軒茶屋あおば整体院