生涯健康Blog 人生100年時代・生涯健康

膝の痛みは動かすことで改善します【絶対安静はウソ】

からだ 健康

こんにちは、三軒茶屋で医師や管理栄養士と提携し治療を行う。

こんな国内でも数少ないスタイルで治療を行う『三軒茶屋あおば整体院』で院長をしています、高田です。

このサイトでは、あなたが生涯健康に過ごすための『ヒント』や『アイディア』をお伝えしています。

寒い季節になると、来院が多くなる疾患に『膝の痛み』があります。

そして来院される方の多くが、こうおっしゃいます。

『先生、痛みがあるのでじっと安静にしてました』

原因にもよりますが、この対処方法は間違いとなるケースも。

そこで今回は『膝の痛み』について、お話していきます。

膝の痛みは動かすことで改善します

膝の痛みは、積極的に動かすことで改善します。

特に加齢によるものは、その傾向が強いです。

今回は『年齢とともに』や『体重が増えてから』膝の痛みになやんでいるあなたに『膝の痛みは動かすことで改善します』というテーマでお話していきたいと思います。

今回の『膝の痛み』について、お伝えしたい内容は2つ

本記事の内容

  • 加齢や肥満が膝の痛みの約80%
  • 体重増加で膝の負担は3㎏も!!

専門用語などを使わず、出来るだけ分かりやすくお話しするつもりですが、疑問などありましたらお気軽にコメント下さい。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

そして記事を書いている私は、こんな人物です。

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 年間約3,000人来院の院長
  • 三軒茶屋口コミ評価1位整体
  • 医師、管理栄養士と提携整体経営

スポンサードサーチ

加齢や肥満が膝の痛みの約80%

膝の痛みを訴える患者さんの約80%は、加齢や肥満が原因。

2003年に早稲田大学の研究チームから発表されたデータです。

当院にも、膝の痛みでお悩みの方が多く来院され、原因究明の検査をすると似たような結果に。

これは、膝関節の軟骨部分がすり減り炎症をおこしてしまい、痛みを引き起こしているからなのです。

加齢による膝の痛みは、筋肉の衰えが原因の1つで、先ほどの質問のように、痛みがある時に安静にすると。

余計に筋肉が衰えてしまい逆効果となります

解決策としては、膝や足の筋肉が衰えないよう対応すること。

具体的には、次のようなことを意識しましょう。

  • 布団の上げ下ろしを避ける
  • 和式のトイレを避ける
  • 重い荷物を持ちあげない
  • 階段では手すりを使う

と、ここまでが加齢に関する対応方法。

次は体重増加による対応方法についてです。

体重増加で膝の負担は3㎏も!!

体重の増加(肥満)は膝の痛みの大敵です。

なぜなら、全身の体重が膝にかかるケースが多いから。

これは、色々な機関から発表されている研究データなのですが。

体重が1㎏増加すると、膝には3㎏の負担となる

また歩く時は重力の力が加わるため、体重の1.5倍の負荷が膝にかかるとされています。

体重増加には膝への負担大きくするので、その対応策は。

  • 食生活の見直し
  • 適度な運動

となります。食生活については別の機会でお話するとして、簡単にできる運動を紹介したいと思います。

膝の痛みにおすすめの運動

膝の痛み軽減の運動は次の通り

  • 屈伸運動(スクワット)
  • 椅子に座って膝の曲げ伸ばし
  • ウォーキング
  • 軽めのジョギング
  • 水中ウォーク(痛みが強い場合)
  • エアロバイク(痛みが強い場合)

ということで、今回は『膝の痛み』についてのお話でした。

最後まで読んで頂いたあなたが、いつもでも元気な足で活動することで、確実に健康に近づくことができます。

人生100年時代と言われ、多くの方が長生きをする時代になりました。

この長寿時代を楽しく過ごすためには『健康』はとても大切になります。

ぜひ膝の痛みをケアして、生涯健康を目指して頂けたら嬉しいです。