血液ドロドロより大切な腸内ドロドロ

健康

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事では『血液ドロドロより大切な腸内ドロドロ』こんなテーマでお話しをさせて頂きたいと思います。

本記事の内容

  • 腸内ドロドロとは?
  • 腸内環境の改善ポイント

このような内容を『臨床経験10年以上』かつ『約3万人の治療実績』の私がお話していきます。

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

腸内ドロドロとは

血液に対してこんなイメージはありませんか?

  • 血液ドロドロ ⇒ 悪
  • 血液サラサラ ⇒ 善

確かにドロドロ停滞しているより、サラサラ流れる方がいいことが多いです。
しかしながら、単純にそれだけで解決できる問題ではありません。

本当の健康を手に入れるためには

『質』の良いたくさんの血液をサラサラ流すこと

では、質の良い血液とは?

ここを深掘りしていきます。

『質』の良い血液とは?

質の良い血液を作るのに大切なこと

腸内環境を良い状態にすること

えっ、なんで血をきれいにするのに腸なの?

あなたは、こんな疑問が浮かんでいることでしょう。

ここ数年の研究結果では、腸内環境の悪化があらゆる病気を引き起こすデーターが数多く報告されています。

腸内環境が悪化の身体イメージ

  • 腸内環境が悪化
  • ⇒ 毒素や有害物質(お腹の中に便がたまる)が血液中に放出
  • ⇒ 腸が炎症をおこす(むくんだ状態)
  • ⇒ 質の悪い血液が全身をかけめぐる

このように、腸内環境が低下すると、『質』のよい血液が流れなくなります。

そして、腸がドロドロな状態が作り出されてしまうのです。

では、腸内環境をよい状態にするために何をしたらいいのでしょう?

スポンサードサーチ

腸内環境の改善ポイント

腸内環境改善のポイントはズバリ『腸内細菌』です。

私たちの身体の中には多くの細菌が存在します。
驚くなかれ、その数は約1,000兆個

例えば、全身の毛穴や皮膚の表面には約1兆個の細菌がいます。

また、いくら歯磨きやマウスウオッシュをしても、口の中には様々な菌が存在します。

そんな細菌だからけの私たちの身体ですが、中でも細菌が多いのが腸内です。

腸内細菌のデータ

  • 1,000種類以上
  • 合計1~1.5㎏

でも、これは決して悪いことではありません。
なぜならこの腸内細菌こそが、あなたの健康を守るからです。

腸内細菌について詳しく説明していきます。

腸内細菌の構成

  • 善玉菌 ⇒ 20%
  • 悪玉菌 ⇒ 10%
  • 日和見菌(ひよりみきん)⇒ 70%

※どんなに健康な人でも悪玉菌はゼロになりません。

結論

健康でいるためには腸内細菌を善玉優位に.

というわけで、今日は『血液ドロドロより大切な腸内ドロドロ』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。