【まぶたの痙攣の症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

まぶたの痙攣でよくある悩み

  • 目の周りがピクピクする
  • まばたきが突然勝手に始まって困る
  • 目が思うように開けにくい
  • 目をつぶっている方が楽
  • つねにまぶしさを感じていてツライ

スポンサードサーチ

まぶたの痙攣とは?

まぶたの痙攣と聞くと『薬くらいしかくらいしかがない』とか『一生付き合っていくしかない』など、怖いイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもネットや書籍などをご覧になり、自分がまぶたの痙攣が重度ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずはまぶたの痙攣がどんな病気かという事を簡単に説明します。

一度起こり始めてしまうとつい気になり続けてしまう「まぶたの痙攣」。一口に「まぶたの痙攣」と言っても、目の周りがピクピクする、まばたきが突然勝手に始まる、目をつぶっている方が楽、など症状は様々です。

長年お悩みの方はご存知かと思いますが、「まぶたの痙攣」を起こす病気には、眼瞼痙攣と眼瞼ミオキミア等があります。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)は、目のまわりの筋肉の動きが過剰になり、瞬きがコントロール出来なくなります。

また、眼瞼ミオキミアは、目のまわりの眼輪筋が意志に反してけいれんし、上まぶたまたは下まぶたがピクピクと動きます。

しかし、健康な人でも疲れ目や寝不足、カフェインの取り過ぎなど、日常生活の問題が原因で起きることもあります。

まぶたの痙攣について、ご不安や不明点などがありましたら、どんな小さなことでもかまいません。

これまでに数多くまぶたの痙攣の患者さんを対応してきた、当院にお気軽にご相談下さい。

施術のご予約はこちらから

三軒茶屋あおば整体院