真の健康を手に入れるなら朝食を【起きれない時のヒントあり】

健康 食事

こんにちは、三軒茶屋あおば整体院の髙田です。

今日の記事では『真の健康を手に入れるなら朝食を』こんなテーマについて、

  • 臨床経験10年以上
  • 約3万人の治療実績
  • 医師、管理栄養士と提携整体の院長

こんな私がお話していきます。

本記事の内容

  • 1日に必要なエネルギーは朝に
  • 朝バナナのすすめ

文章が苦手という方は、下のバナー(写真部分)をクリックすると音声で聴くことができます。

真の健康を手に入れるなら朝食を

1日3回の食事の中で朝食は1番大事です。

なぜ、朝食が大切なのか?
その理由について詳しくお話していきます。

スポンサードサーチ

1日に必要なエネルギーは朝に

1日の活動に必要なエネルギーは朝食で補給しましょう。

あなたは、毎日朝食をキチンと食べていますか?

『朝はいつも慌ただしくて、朝食を食べる時間がない』

そんな方も多いかもしれません。

しかし、朝食を取らないと身体の中で大変な事が起きてしまうのです。

詳しく説明していきますね。

朝食を抜くと身体の中がどのような状態になるか?

朝食を抜き

  • 低血糖の状態が長く続く ➡
  • インスリン拮抗(きっこう)ホルモンが大量に分泌 ➡
  • お昼の時間帯に初めての食事 ➡
  • 急激な血糖値の上昇 ➡
  • 血圧を下げるために、大量のインスリンが出る

このように、血糖値が激しいアップダウンを繰り返します。

急激なアップダウンは、体調不良をお引き起こす引き金になります。

また、次の食事まで時間が空いてしまい、血糖値が低い状態が続くと、脳が空腹状態を認識。

これにより、食欲をコントロールできなくなります。

その結果どうなるのか?

  • 食後の高血糖症
  • ドカ食い(太りやすく)
  • 体温の低下(基礎代謝の不良)

など、あまり良いことがありません。

なので、朝食を取るようにしましょう。

食べる順番も大切です

朝食で血糖値を上手にコントロールするためには、食べる順番も大切です。

理想的な順番

  • 魚、肉、たまごなどの『タンパク質』 ➡
  • 野菜などの『ミネラル』 ➡
  • 最後はコメやパンなどの『炭水化物』

※量は腹八分目が理想

ここまでで、朝食が大切だということは、ご理解頂けたかと思います。

が、どうしても朝起きれない(食べる時間がない)という方に、とっておきの方法を。

朝バナナのすすめ

どうしても朝食が食べれないなら、バナナを。

なぜなら、食べてすぐエネルギーになり、しかもそれが長時間続くから。

バナナの5つの作用

  • 酵素の消化作用
  • 整腸作用
  • 抗酸化作用
  • 脂肪燃焼作用
  • 代謝促進作用

このように、忙しくて朝食が取れないという方には、バナナがピッタリの食材なのです。

今日は『真の健康を手に入れるなら朝食を』こんなお話をさせて頂きました。

あなたの生涯健康のヒントになれば嬉しいです。