【足首の痛みの症状や治し方】三軒茶屋口コミ1位整体院長が解説

症状

足首の痛みでよくある悩み

  • 歩くと足首が痛むので歩きにくい
  • 足首の捻挫の後から足首の動きが悪くなり痛む
  • 階段や立ち上がる際に足首が痛む
  • 痛みで思う様に動かせず以前のような運動ができない
  • サポーターやテーピングをしているがあまり変わらない

スポンサードサーチ

足首の痛みとは?

足首の痛みと聞くと『一旦治ってもすぐに再発してしまう』とか『一生付き合っていくしかない』などと、長期化や慢性化のイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもインターネットで調べて、自分の足首の痛みが重症ではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは足首の痛みがどんな病気かという事を簡単に説明します。

足は唯一地面と接していて、体重を支える姿勢の要になるところです。

足首には足関節があり、足首を境にしてふくらはぎの2本の骨と、足部にある26個の骨と強靭な靭帯で繋がれています。

それら多くの骨がそれぞれ関節を作り、本来では強い衝撃などにも耐えうる構造になっているが、足を強くひねった捻挫や長期にわたるランニング練習など軽微な損傷を繰り返すことによって足首が不安定になり、痛みの出やすい状態になります。

さらに加齢と共に軟骨が磨り減ったり、骨が変形するといった退行変性=老化を伴う事があります。

足首の痛みが起るものには、捻挫、変形性足関節症、痛風、骨折、腓骨筋腱脱臼、こどもの成長痛などがあげら、年齢や性別問わず痛みがあらわれます。

足首の痛みについて、ご不安や不明点などがありましたら、どんな小さなことでもかまいません。

これまでに数多く足首の痛みの患者さんを対応してきた、当院にお気軽にご相談下さい。

施術のご予約はこちらから

三軒茶屋あおば整体院